宜隆総合住宅技術有限公司
業界ニュース

プレハブ住宅にはどのような材料が使われるのでしょうか?

2024-04-30

プレハブ住宅、高い可搬性と迅速な建設の特徴を持つ一種の建物として、その主な構成は一連の選択された材料に依存しています。これらの材料とその用途の詳細な説明は次のとおりです。

スチールウッド素材:この素材は強くて耐久性があるため、プレハブ住宅の柱や梁に広く使用され、構造全体の安定性と耐荷重能力を確保します。

カラー鋼サンドイッチパネル:2層のカラー鋼板とその中間に断熱材を挟んだパネルです。プレハブ住宅は特殊な構造により断熱性・遮音性に優れ、室内環境をより快適にします。

C形鋼と山形鋼:これら2つの金属材料は、車両のフレームの主要な構成要素です。プレハブ住宅。慎重な設計と組み合わせにより、安定した支持構造を形成し、住宅全体の安定性と安全性を確保します。

PU タイル: PU タイルは、軽量、耐久性、防水特性で人気があります。プレハブ住宅の屋根に最適で、外部の風雨から内部空間を効果的に保護します。

また、プレハブ住宅の実用性と多様性をさらに高めるため、一部の設計にはアルミニウム合金板、発泡板、セメント繊維板などの他の材料も使用します。これらの材料の導入により、プレハブ住宅の建設オプションが豊富になるだけでなく、軽量で耐久性があり、環境に優しいという特性もさらに強化されます。したがって、プレハブ住宅仮設建物や建設現場などに最適な選択肢となっています。




We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy